IS02/ここが知りたい/IS01/02割 - IS02 au KDDI

Top > IS02 > ここが知りたい > IS01/02割

IS02/ここが知りたい/IS01/02割

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

ISデビュー割が「IS01/02割」と名称を変えて、2010年12月19日まで延長に。
http://farm5.static.flickr.com/4144/5029772717_ded8d2d674_m.jpg

IS01/02割登場

~2010年9月30日まで「ISデビュー割」という名前で提供されていた割引プランが、2010年10月1日からIS01/02割と名称を変更して提供されることになった。

期間: 2010年9月27日(月) ~ 2010年12月19日(日)
対象: IS02 または IS01
内容:

  • 2年間で最大 26,280円 (税込み) お得に!
  • 内訳は月々の使用料、
    • プランEシンプル(誰でも割契約時の) 基本使用料 780円/月
    • IS.NET 月額料金 315円/月
      を 24ヶ月間割引するプラン。

目的: auのガラケー + IS02/IS01 を利用してくれる人の負担を減らすため。
   なのですが、IS02 を単独契約した場合にも適用されるのです。

IS01/02割はココがスゴイ!

実際に、日本のキャリアの中で、IS01/02割がすごいのは、
『割引対象に 基本料金』
が含まれている点だ。

似たような金額を割り引くプランとしては、ソフトバンクの月月割や、ウィルコムの W-VALUE SELECT割引がある。一般的に 1台目ケータイとして購入したり、2台目だけど、パケット定額料の上限まで利用した場合には、どちらも割引額としては大差ない。むしろ、最大で 1,920円割引される月々割や、HYBRID W-ZERO3 であれば 1,430円/月 割引される W-VALUE SELECT 割引の方がお得感が高いとも言える。しかし、Windows Phone をゲットするという目的だけで考えるならば、この「IS01/02割」が圧倒的にお得なのだ。

これは、引き合いに出した2社の割引は、一見大きな割引金額に見えるのだが、ちゃんと企業として儲かる金額を設定してあるためだ。

  • ソフトバンクの月月割が iPhone端末が実質 0円になる「パケットし放題フラット」の場合、パケット定額サービスを毎月上限まで使い切ることを前提としていること。(まったく 3G通信を使わなくても、ホワイトプラン(i) 980円 + S!ベーシックパック(i) 315円 + パケットし放題フラットバリュープログラム(i) 4,410円 + iPhone 4 分割支払金 1,920円 - 月月割 1,920円 = 5,705円/月 がかかってしまう。)
  • ソフトバンクの「標準プライスプラン」の場合、月月割が 1,440円 に減額される。しかも、まったく 3G通信を使わない場合には、ホワイトプラン(i) 980円 + S!ベーシックパック(i) 315円 + パケットし放題フラットバリュープログラム(i) 4,410円 + iPhone 4 分割支払金 1,920円 - 月月割 1,440円 = 2,804円/月 とは ならない
    ホワイトプラン(i) 980円 + S!ベーシックパック(i) 315円 + パケットし放題フラットバリュープログラム(i) 1,029円 + iPhone 4 分割支払金 1,920円 - 月月割 1,344円*1 = 2,900円/月 となるのだ。
  • ウィルコムの W-VALUE SELECT割引の場合も、W-VALUE SELECT割引額自体は、端末機種毎と期間毎に定められている金額を割り引くサービスだ。逆に言うと実質端末代金 35,520円 (= 1,480円 × 24ヶ月 ) が必要だ、ということだ。IS02 のように、店舗限定、期間限定、MNP割引適用で、0円販売されたりするチャンスもほとんどない。

この点において、IS02 に適用される「IS01/02割」は、3G通信を利用しない場合に発生する、プランEシンプル(誰でも割適用)の 780円/月 + IS.NET利用料 315円/月 を丸々割り引かれてしまうため、使わない月にはユニバーサルサービス料の 8円だけが発生することになるのだ。
表でまとめてみるとこんな感じ。

IS01/02割 がスゴイところソフトバンク 月々割の場合W-VALUE SELECT割引の場合
端末代金MNPで 0円購入しても適用になる。iPhone 4 の端末料金は、46,080円 が前提。HYBRID W-ZERO3 の提供料金は、69,840円が前提。
割引適用対象基本料金 + IS.NET利用料パケット定額+S!ベーシックパック(i) の料金からの割引のみ端末割賦金からの割引のみ
割引表示額1,095円/月1,920円/月1,430円/月
無線LANのみの割引対象
(3G使わない場合)
基本料金 + IS.NET利用料パケットし放題
S!ベーシックパック(i)
通話料
端末割賦金からの割引のみ
無線LANのみの最低月額費用
(3G使わない場合)
8円/月
(プランEシンプル(誰でも割契約)+IS.NETを契約した場合)
2,900円/月1,450円/月

結果としてトータル負担額が圧倒的に小さくなる可能性がある「IS02」

ということで、契約時に約束しているトータルでの支払額を計算してみたのが下記の図になる。IS02 の場合、IS01/02割 を適用することで、3Gパケット定額を上限まで使っても HYBRID W-ZERO3 を PHS のみで運用した場合の次に安くあがる。さらに、3Gパケットは必要な時だけ使う。後は、無線LAN などで使っちゃうもんね! という KDDI からすると涙目な使い方をした場合には、なんと契約事務手数料 2,835円 + 192円 (ユニバーサル料金 8円 × 24ヶ月) のみで使うことができてしまうという裏技購入技が利用できてしまう。
http://farm5.static.flickr.com/4126/5024952139_f58b2ac603.jpg

10月31日まで、マイクロソフトの「Windows Phone 今が買い時キャンペーン」中

ちなみに上記の au by KDDI の行っている「IS01/02割」とは別に、2010年10月31日までは、マイクロソフト社が「Windows Phone 今が買い時キャンペーン」を実施している。こちらは抽選ではあるが、1万円の Quoカードが当たる可能性があるキャンペーンだ。
どうせ買うなら、12月19日まで待たずに 10月31日までに買っちゃう方がお買い得な気がするぞ。

KDDI au IS02 レビュー一覧


*1 S!ベーシック(i) 315円と、パケットし放題フラットバリュープログラム(i)分が対象。通話料がある場合には合計 1,440円まで割り引かれるので、実際にはそんなにセコイプランな訳ではないです。

ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Tue, 28 Sep 2010 03:04:25 JST (2460d)