IS02/購入レビュー/16 IS02の静電容量式タッチセンサに慣れる - IS02 au KDDI

Top > IS02 > 購入レビュー > 16 IS02の静電容量式タッチセンサに慣れる

IS02/購入レビュー/16 IS02の静電容量式タッチセンサに慣れる

このページをDeliciousに追加 このページをはてなブックマークに追加 このページをYahoo!ブックマークに追加

静電容量式タッチセンサ 「だから」使いにくい?

「IS02」の発売以来、Twitter を「IS02」で検索して TL を眺めるのが日課になっているが、意外と多い書き込みが “IS02 の静電容量式タッチセンサが使いにくい” というものだ。静電容量式タッチセンサは、iPhone が採用したことで、一躍スタンダードの座を射止めたデバイスで、マイクロソフトも Windows Phone 7 では、この静電容量式タッチセンサを内蔵していることが必須条件となっている。つまり、IS02 は、Windows Phone 7 のハードウェア仕様を先取りしているとともに、Windows Phone 7 へのアップグレードの可能性が残されたハードウェア設計になっているわけだ。

http://farm5.static.flickr.com/4095/4756530912_503436e575.jpg

しかし、自分自身も毎日使う中で、確かに IS02 が使いにくいという声も判る気はする。
そもそも静電容量式タッチセンサの分解能は、そんなに精度が高いものではない。従来の Windows Mobile や、Pocket PC をスタイラスで触っていたような、精度はそもそも得られないのだ。iPhone の場合は、この特性に合わせて OS から、アプリまで設計されているため、最も細かい操作はソフトウェアキーボードの操作。iPhone ワールドでは、それ以上細かい操作は要求されないのだ。その代わり、フリック操作や、画面全体を滑らせるような操作と、それに見合った視覚効果で “快適さ” を演出しているわけだ。

IS02 の静電容量式タッチセンサや、有機EL画面の性能は、iPhone に比べても決して劣るものではない。
では、IS02 で、この静電容量式タッチセンサが使いにくいと言われるには、いくつか理由があると思う。例えば、下記のように分類してみた。

  1. バンドルアプリなのに細かい操作を要求しているものがある。
    例えば、Adobe Reader の拡大・縮小操作、ページ送り操作などは細かすぎて、静電容量タッチセンサで処理するには向いていない。むしろ、全画面操作になっていて、フリックでページ切り替えできるような iPhone ライクな操作体系の方が向いているだろう。
  2. 押したい位置と、押せる位置が異なる
    感圧式の場合には、指先、場合によっては爪先でつついたところがポイント箇所になっていたのだが、静電容量式の場合には、指の腹が当たったところがポイント箇所になる。この誤差がなかなかしっくりこないのだ。
  3. OS やアプリの反応が悪い
    Windows Phone は、本質的にマルチタスクである。Windows Mobile 6.5.3 は、どんどんチューニングが進んでいるとはいえ、ブラウザを開いて、Twitterクライアントを使っていて、さらに、NX!UI を開いたりすると、アプリアイコンを選択した後、アプリが起動し始めるまでに一瞬のタイムラグがある。この間、タッチが有効だったのか、有効じゃないのか、判らない状況が生まれる。これがストレスになるようだ。
  4. 端末の縁を持っているのに、勝手に画面やボタンが押されてしまう
    IS02 の丸くてかわいいデザインは、個人的には大好きなのだが、画面の縁を持っているつもりでも、次々アプリが開いてしまうことがある。または、勝手にボタンが押されたアクションなんかもあって、イラっとくることもある。

分類によっては、他にもこんな理由がある、というご意見があるかもしれない。
ぜひ、下記のコメント欄にお寄せいただきたい。

要は慣れなんだけど、慣れを加速するために

さて、上記で、静電容量式タッチセンサが使いにくいと思う理由を、4つの症状に分類してみた。このうち、1.のアプリの作りは時間と、優秀な Windows Phone のアプリ作者のみなさんが解決してくれるだろう。度々引き合いに出す Twitterクライアント 「Azurea」は、キーボードモデルで使うと、そのキーボードショートカットの使い心地が最高だが、静電容量式タッチセンサで使っても、とても気持ち良い。例えば、このスクロール速度は、静電容量式タッチセンサならではだ。

残りの 2.~4.の症状は、要は慣れだ。
慣れなのだが、実際にストレスが多いのも体感したので判る。
これらを緩和する方法の一つが、静電容量式タッチセンサが押されたというフィードバックが、ユーザーに早く返ることだ。静電容量式タッチセンサが押されたときに、そのフィードバックが素早く返ってくればいいはずだ。押したことが判れば、3.アプリの反応は待てばいいし、間違って押してしまったことが判れば、次から触り方を変えればよい。学習が進むことによって、使いやすくなるというわけだ。

で、実際には、そのフィードバックをどうするのか。方法が 2つある。
まず、設定はアプリケーションの設定画面を開く必要がある。
これは、画面右下の「ホーム」キーを押下して、NX!UI を開き、さらに画面の右下のアイコンを押す。そうすると「アプリケーションと設定」というショートカット一覧が開く。
それが、左の画面だ。
そして、「設定」アイコンを押下すると、右の画面が開く。
http://farm5.static.flickr.com/4136/4764208513_9278011694.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4096/4764214483_eea970bb89.jpg

そして、「音/マナーモード」アイコンを選択し、「音と通知」というアイコンを選択すると、下記のような設定画面が選べるようになる。

http://farm5.static.flickr.com/4082/4764208323_c8ab925cc9.jpghttp://farm5.static.flickr.com/4118/4764208767_cba89ff494.jpg

ここで「サウンド」タブで、「画面をタップしたとき」に音を出すのもよし、
「バイブレーション」タブで、「画面をタップしたとき」にバイブレーションを有効にするのもよい。
個人的には、両方試してみたが、バイブレーション「短く」が気に入ったので、これを使っている。

試してみていただくと判るが、画面でタップと判定されたタイミングで、短くブルっとくるので、「あ、今押したんだ」ということが判るし、画面上に反応がなくても、ちょっと待とうかなと思う。個人差はあるだろうが、私自身はソフトウェアキーボードも、押しやすく感じるようになった。もっとも、優秀なスライドキーボードがあるので、ソフトウェアキーボードのお世話になること自体はまったくないのだが…。

そして、新たに発見したこと

自分の場合、この設定にしたことで、いくつか発見があった。

自分のケータイの使い方の癖だと思うのだが、ケータイは持ち運ぶときに、すぐに胸ポケットや、ズボンのポケットに突っ込んでしまう。特にロックとか、そういうことはしないので、使ったままの状態で、すぐにズボンのポケットにしまうのだ。ちなみに、歴代の愛機である HYBRID W-ZERO3 (あ、これは現役) や、Touch Diamond では、これで問題がなかったのだ。

ところが、IS02 で同じことをすると、ズボンの中で、ブルブルしまくっている。ズボンの中で、感圧式のタッチセンサが押されることはなかったのだが、静電容量式タッチセンサは結構押されたと判定されてしまうようだ。胸ポケットの場合でも同じ。ちょっと動くたびに、ブルブルっとして、静電容量式タッチセンサが押されたと認識していることが判る。

IS02 のバッテリの減りが嫌に早いなあと思っていたのだが、これだけブルブルするということは、ブルブルしなくたって、センサが反応して、本体はまったくスリープ状態になっていないということだ。だとすると、当然、その分バッテリの減りは早くなる。アプリもたくさん起動するので、反応も遅くなる。

それ以降、ひと手間かけて、電源キーを短押ししたり、ポッケじゃなくて鞄に閉ったり、そのまま手に持って動くようにしたところ、無駄にバッテリの消費がなくなった。

もうひとつ、IS02 は画面の端の丸くなっているあたりを持つだけでも、静電容量式タッチセンサが反応することも判った。これは今のところどうしようもないわけだが、本体の黒い部分よりは、白いキーボード部分側を持つように意識することで、誤って静電容量式タッチセンサを押してしまうストレスも減った気がする。

こうして長々とレビューとして書くと、なんて、IS02 って面倒くさいんだ、と思われる方もいらっしゃるかもしれないが、そんなことはない。設定画面を開いて、ブルッとする設定を入れるだけで、もしかすると、もっと使いやすくなるよ、ということだ。気になるバッテリの消費については、そんなに気になるほど減る気はしなかった。

慣れてしまうと、また、適切なアプリを選択すれば、静電容量式タッチセンサはやはり使いやすいものだ。個人的には、これにワコムの電子ペンが加われば、細かい文字も書けるし、ビューワーとしても快適になって最高なのだが、いずれはそういったデバイスも登場してくることだろう。まずは、2010年には、IS02 のようなセンサがもっとも最新で、リーズナブルな価格で使えるということだ。

コメント、ご指摘お待ちしております。

あなた自身の使い勝手の工夫などがあれば、ぜひご紹介ください。

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White
  • 画面触ってないのに勝手に切り替わる。IS02は使えないストレスマシン? -- 2010-09-23 (木) 17:01:19
  • IS02ってドM専用端末でしょ? -- 2010-09-23 (木) 00:45:40
  • 静電容量式タッチセンサ用スタイラスが欲しいね。 -- 2010-08-17 (火) 19:30:30
  • LibrettoやEZからのユーザーだがこれは糞端末 iPhone3G HT-03A T-01Bを持っているがマジで糞端末 -- 東芝バンザイ 2010-08-08 (日) 06:06:57
  • スタイラスって使えないの? -- 2010-07-26 (月) 02:21:28
  • 試してみました。全然違いますね!加えてホーム画面のカスタマイズと組み合わせると尚扱いやすかったですよ -- 日野@ビギナー 2010-07-22 (木) 23:19:59
  • 糞パネル。勘弁してくれ。キムチくせーんだよ -- 2010-07-12 (月) 19:45:03
  • タップ音や振動でフィードバックを作るのはお勧めですね。 -- 2010-07-09 (金) 23:32:55
    • Iphone用のタッチペン使ったけど全く使えなかった。 -- 2010-07-31 (土) 21:15:53
  • iPod Touchも使っていますが、すごい小さいところも比較的正確に押すことができます。IS02はもう少し指の先の方で反応してくれるようにセンサーのキャリブレーションをするソフトがあればな~と思います。 -- 2010-07-09 (金) 17:58:45
  • なんで静電容量式なんか採用したんだろう...。 -- 2010-07-09 (金) 10:59:43

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照


『IS02』au by KDDI 東芝 購入レビュー一覧

『IS02』 au by KDDI 東芝 記事一覧


ホーム 一覧 最終更新 リンク元
Last-modified: Tue, 06 Jul 2010 03:57:05 JST (2489d)